喫煙をすることによって肺に汚れが溜まってしまった姿を見て驚く喫煙者も大勢います。
タバコが身体に悪いと言われていても実際にそういった驚愕の事実を突きつけられなければ自分は大丈夫だと思ってしまいがちであり、なかなか禁煙に踏み出すことはできないものです。
タバコを吸うというのは一種の薬物依存であり、強い精神力がなければ自力でやめることは困難なものです。
タバコの中に含まれているアルカロイド成分であるニコチンは人の脳内にあるニコチン受容体に作用することでドパミンを放出させる効果があります。
ドパミンは快感や満足感をもたらす物質であることから、タバコを吸うことによってドパミンによる快感がもたらされ、その快感を求めたまたタバコを吸うという形で薬物依存が生じるのです。
この薬物依存状態から脱却するのを補助する薬としてチャンピックスがあります。
チャンピックスはニコチン受容体に作用することでニコチンに比べて弱いドパミン作用を示すことでニコチンの作用と拮抗します。
チャンピックスによる弱いドパミン作用によって禁煙の精神的ストレスを軽減しながらタバコ由来のニコチンの作用を現弱させることで禁煙の補助をするのです。
これによって禁煙をすると肺は綺麗になるのかということが問われますが、長い年月をかけて綺麗になっていくことは確かです。
すぐに肺は綺麗になるのかということになるとチャンピックスにも肺の浄化作用はなく、人が持っている浄化作用に頼ることになるためすぐに綺麗にはなりません。
しかし、レントゲンでもわかる程度まで綺麗になることも稀ではなく、医師としても喫煙によって汚れてしまった肺は綺麗になるのかという質問に対して禁煙すれば綺麗になると答えられる状況になっています。