タバコの煙には一酸化炭素やタールなど数百種類もの有害物質が含まれており、健康に対する深刻な影響を及ぼしてしまいます。しかし、頭では理解していてもタバコを止められないという人は少なくはありません。これは、ニコチンという強い中毒性のある物質を含んでいるからです。
タバコを吸うとニコチンは脳内の受容体と結合し、ドーパミンという精神を安定させる作用を持つ快楽物質を分泌します。この状態が当たり前になるとニコチンが足りない時との落差が生じることになり、強い渇望感に見舞われることになります。このニコチンの作用を利用した禁煙方法が、ニコチン置換療法です。口コミなどでも高い評価を受けている方法で、ガムなどの関連グッズも多数販売されています。
この方法は、ニコチンのみを摂取する代わりにタバコから離れるという内容です。禁断症状に苦しむことなく、タールや一酸化炭から遠ざかることになります。ただし、ニコチンにも血管を収縮させるというマイナスの作用があるので、タバコを吸っていない人と百パーセント同じというわけではありません。この為に、いずれはニコチン置換療法も止めなければならないのですが、その時にはタバコを止める時と同様に禁断症状に見舞われることは口コミにも書き込まれています。
現在では、このニコチン置換療法よりも簡単にタバコを止められるチャンピックスという内服薬が開発されており、禁煙外来を行っている医療機関で購入することができます。チャンピックスは、ニコチンが結合する脳内の受容体と結びついてドーパミンを少量だけ分泌するという内容の治療薬です。
チャンピックスが作用している時は、タバコを吸っても満足感を得られません。また、ドーパミンは少量だけ分泌されるので、安定した状態が保たれることになります。禁煙についての口コミでも、チャンピックスによる方法が主流となっています。