喫煙による健康被害は本人だけでなく周囲の人も巻き込むということが広く認識されるようになってからというものの、禁煙を求める声が日に日に強くなってきています。
誰もが健康に生活を送れるようにしていくためには禁煙を推進する必要があるという考えが広まったことにより、禁煙キャンペーンが行われるようになりました。
国や公共団体だけでなく、企業や大学のサークルなどでも禁煙キャンペーン活動が行われ、少しでも禁煙に踏み切る人を増やそうという社会的な動きが強まっています。
そういったキャンペーンの中で推奨されているのが禁煙外来を受診してチャンピックスを利用するという方法です。
チャンピックスは禁煙補助剤として認可されている医薬品であり、ニコチンに対する依存症を持つ人の場合には保険適用で治療を受けることができます。
保険医療機関による禁煙治療ともなると一般的な禁煙グッズよりも信頼性が高いと考える人が多いことから、チャンピックスの利用が積極的に推奨されるようになっているのです。
しかし、チャンピックスを使用する上では注意しなければならないことがあります。
使用に際して腎臓の機能に重篤な障害がある場合には医師の指示を仰ぐ必要が生じるからです。
チャンピックスは腎臓から排出されるため、夜間頻尿をもたらす場合があります。
腎機能が低下している場合に無尿になったという事態はなくとも代謝に影響がでることは間違いないからです。
万が一にも無尿になったという事態を避けるためにも腎機能が正常かどうかということはチャンピックスを利用する際には気をつけなければなりません。
禁煙を目指した結果として腎臓が機能しなくなって無尿になったとなっては元も子もなくなってしまうでしょう。